サービスがいい家賃保証会社を見つける|比較して決めることが大事

背広の人

家賃滞納トラブルを解消

婦人

貸主や借主に優しい保証

賃貸住宅の家賃滞納を防ぐ「家賃債務保証」ですが、貸主・借主どちらにもメリットがあるこのシステムです。これを上手に利用して、トラブルない賃貸契約を行いましょう。家賃債務保証とは住宅の賃貸借契約の際、家賃債務を担保する為に求められる保証です。賃貸契約を結ぶ際、日本では一般的に「連帯保証人」を立てて、家賃滞納が起こった場合には借主に代わり連帯保証人が支払う事になっていました。しかし近年では、知人には連帯保証人を頼みづらい、頼む人がいないなどの問題も多い為、家賃債務保証会社と契約する人が増えています。物件情報に「連帯保証人不要」と書かれている際には、家賃債務保証会社の利用が条件となっている場合も多くなっています。家賃債務保証会社と契約するとどんなメリットがあるのでしょう。まず貸主側は、家賃の滞納リスクを軽減できるのが最大のメリットと言えます。一方借主側は連帯保証人を探さなくて済む事から、高齢者や障害者・外国籍の人が賃貸住宅を借りやすくなるというのがメリットとなっています。借主は契約前に保証会社の審査を受ける必要がありますが、賃料に見合う一定の収入があるかどうか、また過去に金融事故歴がないかなどの審査となりますので、一般的にはハードルは低めと言えるでしょう。家賃債務保証会社は比較的新しい業態という事で、監督官庁も無いのが実情です。その為法律面での整備が追い付いていない面もあり、中には行き過ぎた滞納金の督促(無断で鍵を変える、無断で室内に入る)が行われた事例もありますので、契約を結ぶ前には細部まで良く話を聞いて、信頼出来る会社かどうか確認しましょう。