サービスがいい家賃保証会社を見つける|比較して決めることが大事

背広の人

管理会社の活用方法

メンズ

自主管理より効率的

いくつかの種類がある不動産投資の中でも、アパートや賃貸マンションといった賃貸住宅物件を購入して家賃収入を得る方法は収益率が最も高いと言われています。他の投資手法と比較しても高利回りが期待できる賃貸物件は高齢者や会社勤めの人にも人気を集めていますが、賃貸管理の問題はクリアしなければなりません。賃貸管理には自主管理方式と管理委託方式に加え、管理会社に一括借上げしてもらって空室・滞納リスクを回避するサブリース方式の3種類があります。3つの賃貸管理方式を比較すると管理費用の点で大きな違いも見られますが、手数料のかからない自主管理では管理業務の負担も当然のことながら最も大きくなります。家賃の回収や入出金管理はもちろん、入居者クレームや近隣トラブルへの対応、設備のメンテナンスも含めてすべて自主管理していくのは大変です。そのため大半のオーナーは管理会社に賃貸管理を委託する方式を選んでおり、最近ではサブリース会社を利用する例も増えています。サブリース方式だと空室や滞納が発生しても契約期間内は一定の家賃収入が確保されますが、手数料は管理委託方式より割高となります。築年数が新しく立地条件も良好で競合する賃貸住宅が少ない場合なら、空室リスクも低いと予想されるため管理委託方式で手数料を抑えた方がより多くの収益が得られるものです。管理会社と契約を結ぶことによって入居者管理と設備管理が委託できるようになりますが、契約内容は管理会社や契約プランによっても異なります。自分で対応できる管理業務があれば、それを除外した契約プランを選ぶことで少しでも管理コストを節約できるのです。空室リスクが高いと見られる賃貸物件を格安で購入した場合は、サブリース会社を上手に活用した方が最終的な収益が上回ることも考えれます。日常的な清掃から設備点検、退去時の原状回復といったメンテナンス業務も管理会社との契約で重視される項目です。